不景気


世界的に株価が下落してきましたが、リーマンショックがあり、量的緩和とかを景気をよくしてきましたが、リーマンショックから7年経ち、循環的な不況でしょうね。
前回のデジタル景気の時は一般の人には景気回復の実感はないと言われていましたが、リーマンショックになり大不況になりました。
実感はなくても景気を維持する力はあったんでしょうね。
アベノミクスも多くの人は実感ないですが、景気を維持する力はあったと思いますね。
円高になれば輸出企業の利益が落ちます。不景気になりますね。

この記事へのコメント

  • ニューパソコンの通りすがりの空です

     ど素人考えですが、アベノミクスは失敗と思います。
     いかさま賭博のようなマネーゲームでは、日本経済は良くならないと思います。
     内需拡大によって、実質経済を良くする方が、日本経済のためになるのでは?と思います。
     そのために、肥大し過ぎている防衛予算は、見直されるべきと思います。(日本は借金大国です。極東の軍事費増大レースに参加する余裕はありません。そんなことをしたら、軍事費にばかり予算を回して、国民を酷過ぎる飢餓状態に落とした、北朝鮮の二の舞になってしまいます。)
     お金がない国には、ない国なりの外交があり軍事があると思います。
     国防国防と言いますが、そのために国家財政が破綻してしまっては、意味がありません。
     湯水のように防衛予算を使い、労働者派遣法など、やり過ぎの規制緩和などで、企業から献金を募り、自分達の周りにばかりお金の流れを作ろうとしていると思える安倍政権、更に、職権乱用の「口利き」で、利益供与した相手から謝礼を求めた恐れのある閣僚が、複数いた安倍政権(疑惑のオリンピック担当大臣が、ずっと現職では、次の東京オリンピックは、ダーティ東京オリンピックになってしまいそうで、非常に心配です)、嘘つきのような総理大臣(子育て世帯の減税措置は棚上げで、「聖域守れなければ参加せず」のTPPでは、聖域で譲って、反対派無視の強行参加です)、ルールを守らない総理大臣(安保関連法は平和憲法違反です)、そんな国民の手本にならない総理と閣僚の安倍政権では、日本は悪くなるばかりです。(上のやることは、下は真似ますから。)
     日本国中が、嘘つきとルール違反で溢れてしまう前に、安倍政権は、さっさと辞めるべきです。辞めて欲しいです。


     ところで、話を変えてすいませんが、台湾の地震の話を書かせてください。
     台湾南部で6日未明に起きたマグニチュード6.4の地震のために、日本時間の今日10日未明までに、合わせて41人の方々が、亡くなられたそうです。
     このうち39人の方々は、台南市郊外で倒壊した16階建てのマンション(およそ100世帯が入居する集合住宅)で亡くなられたそうですが、地元の当局の方々は、この建物の中には、依然として、およそ100人の方々が取り残されているおそれがあるとみているそうです。
     痛ましく、非常に心配です。(それなのに、私事のため、コメントに間隔が空いてしまいましたこと、申し訳ないような思いです。)

     亡くなられた方々のご冥福を祈ります。
     怪我をなさった方々の早いご回復を祈ります。
     行方不明の方々の、一刻も早い発見とご無事の救助を、祈り願っております。(時間が経ってしまいましたが、72時間以上経った後でも、がれきの下から生還なさる方々もいらっしゃるという話もありますので、ど素人考えかもしれませんが、奇蹟的なことを願ってしまいます。)

     台南の倒壊したマンションの現場では、親族の方々が、行方不明者の方々のご無事を祈る中、懸命の捜索・救助活動が続けられているそうです。
     9日夜に、救助を待つ方の反応があったということで、発生から丸4日が過ぎて時間との戦いとなるなかで、救助隊員の方々が、夜を徹しての救助作業を、続けていらっしゃると聞きました。
     マンションの近くには家族の方々のための待機所が設けられ、安否を気遣う方々が大勢詰めかけていらっしゃるそうですが、次第に疲労の色を濃くしていらっしゃるそうです。
     現場では、大量のがれきに阻まれて、捜索が難しい状況もあり、大型の重機の使用も検討されたような話も聞きました。実際に現在大型の重機が使われているのかどうか?続報を聞けていないのですが、ど素人考えかもしれませんが、大型の重機が使われた場合、生存者の方々の安全が脅かされる恐れがあるのでは?と思いますので、できますなら、他に方法があれば、そちらの方が良いのでは?などと思ってしまいます。(例えば、これもど素人考えかもしれませんが、どうしても重機が必要なら、大型よりは、小型の重機の方が良いのでは?などと思ってしまいます。)

     上記のような状況なので、台湾の当局の方々も、頑張ってくださっていらっしゃいますが、必要に応じて、国際社会の方々の方からも、ご協力などなさっていただければ、と願い祈っております。(例えば、台南の倒壊したマンションの現場の捜索活動に、大型の重機の使用に代わるような、何か良い方法がありましたら、御存知の方々は、ご協力などなさっていただけないだろうか?などと思います。)
     どうぞよろしくお願い致します。

     捜索・救助活動をなさって下さっている方々は、足場の悪さや余震や天候などのために、2次災害の恐れがある場合は、くれぐれも気をつけて、無理し過ぎないようになさって、頑張っていただければ、と願い祈っております。
     捜索・救助活動をなさる方々のご無事も祈ります。
    (下の私のコメントに続きます。) 
    2016年02月10日 16:06
  • ニューパソコンの通りすがりの空です

    (上の私のコメントの続きです。)
     ところで、話を変えてすいませんが、難民の方々の悲劇について、書かせてください。

     アイラン・クルディ君や、シリアの小さな女の子の悲劇など、難民の方々の悲劇は、酷過ぎます。
     今年も、難民船の悲劇が繰り返され、小さな子供達も含め、大勢の方々が亡くなられていると聞きました。
     非常に痛ましくてなりません。
     情報があまり入手できていなくてすいませんが、非常に心配です。

     亡くなられた方々のご冥福を祈ります。
     怪我をなさった方々がいらっしゃいましたら、早いご回復を祈ります。
     行方不明の方々の、一刻も早い発見とご無事の救助を祈り願っております。(時間が経ってしまった場合でも、奇跡的なことを、私は願ってしまいます。もしかすると、生存しているものの、遠く流されてしまったとか、船に取り残されても、空気溜まりなどで、生存なさっている方々が、いらっしゃったりしないだろうか?などと、思ってしまったりするのです。)

     捜索・救助活動を継続なさって下さっている方々は、天候などのために、2次災害の恐れがある場合は、くれぐれも気をつけて、無理し過ぎないようになさって、頑張っていただければ、と願い祈っております。
     捜索・救助活動をなさる方々のご無事も祈ります。

     それにしても、高いお金を取っておきながら、粗末な船に、簡単に転覆してしまいそうなほど、多くの難民の人達を無理矢理押し込んで(時には銃で脅してまで押し込んで)、平気で海に押し出す難民船の業者というのは、酷すぎる人間達と思います。
     そのために、何とか命長らえて逃げ出して来た方々が、どれだけ多く、無残に冷たい海に呑みこまれてしまったのか?と思うと、胸が潰れるような思いです。(家族の全てを失い、たった一人生き残ったお子さんがいた、という話も聞きました。)
     それに、粗末な船が漂流すれば、飢餓で亡くなる人達も出るそうです。痛まし過ぎます。

     なぜ業者は、まるで難民の人達を処刑するかのように、船に詰め込むのでしょう?
     もしかしたら、彼らは、自分勝手な理由で大地を争いで汚す罰当たりな人間達の仲間なのでしょうか?(だから、彼らは、彼らの支配の下から逃れようとする人々から、軍資金を巻き上げて、残酷な仕打ちをする?そして、ろくでもない人間達の仲間だから、摘発が難しい?)
     昨年は、陸路でドイツなどに向かう難民の方々を、密航業者が、トラックの密閉した貨物室に乗せて、窒息死させてしまった、などという痛ましい事件も起りました。
     ど素人の妄想かもしれませんが、色々考えてしまいます。

     悪辣な業者のことを、難民の人達に広く知らせて注意喚起することはできないでしょうか?
     それから、ヨルダンにあるシリア難民の人達のためのキャンプのようなものを、アフリカにも作ることはできないでしょうか?
     ど素人考えかもしれませんが、関係者の方々に、ご一考願えれば、と願い祈っております。
     どうぞよろしくお願い致します。

     それから、ドイツやイタリアやギリシャなど、難民の人達を、受け入れてくださっている国々の方々に、本当に感謝しております。
     ボートなどで押し寄せる難民の人達の数が急増したため、対応に非常に苦慮なさっていると聞きます。(暮らしが大変な国民の人々だっているのに、あまりにも数多い難民の人達の救助・救援・支援などに、国の予算が取られてしまうのですから、本当に大変だろうと思います。そのような状況の中、苛立ちからなのか?過激な人間達の中には、難民の人々が収容されている施設を襲撃するという事件を起こした者達もいたと聞きます。ドイツなどでも、同様の事件が起こったと聞きました。とても悲しい事件と思います。キリスト教の神様は、「汝の隣人を愛せよ」と教えていらっしゃると聞きますので、きっと嘆いておいでだろうと思います。)

     関連した話で、以前聞いた話ですが、ヨルダンにあるシリア難民の方々のキャンプへの支援が足りず、食糧にも困っているという話もありました。
     現在はどうなのか?とても心配です。
     ヨーロッパに流入している、難民の方々を含む移民の人々の中にも、寒さと食糧不足に苦しめられている方々がいるという話もあったと思います。
     こちらも、現在どうなっているのか?とても心配です。

     でも、今一番心配なのは、シリアのダマスカス郊外やアレッポなどの人々です。
     ダマスカス郊外では、非人道的なアサド政権サイドなどに包囲され、兵糧攻めに遭った方々が、何十人も餓死なさった、という報道がありました。
     酷過ぎます。
     包囲されて飢えに苦しむ人々に、なんとか救援の手を届けようと、国際社会の方々がご努力なさってくださり(国際社会の方々に感謝です)、幾分状況が改善されたという話も聞きましたが、同時に、まだまだ支援が絶対必要、という話も聞きました。
     相手が、化学兵器まで使った酷過ぎるアサド政権などといった人間達ということもあり、十分続報が聞けていない状況ですが、どうなっているのか?非常に心配です。
     更に心配なのは、アレッポ。
     酷過ぎる、プーチン大統領のロシア政府が差し向けた、ロシア軍の空爆により、アレッポは激しく破壊され、大勢の民間人の方々が犠牲になり、何万人もの方々が、新たに難民になってしまったそうです。
     しかも、酷過ぎるロシア軍の空爆に乗じて、アサド政権のシリア軍がアレッポに大規模攻撃を行っているため、その影響で、トルコとの国境で、2万人もの難民の人々が、足止め状態になっているそうです。
     そして、アサド政権のシリア軍が攻勢のため、アレッポが包囲される恐れが高くなっており、その場合、何十万人もの人々が、兵糧攻めに遭ってしまう恐れがあるそうなのです。
     酷過ぎるプーチン大統領のロシア政府のロシア軍と、酷過ぎるアサド政権のシリア軍の、上記のような攻撃により、スイスで行われていたシリアの和平交渉は、中断されてしまいました。酷過ぎます。
     プーチン大統領のロシア政府のロシア軍は、反アサド政権の有志連合の方々への空爆を、即刻中止すべきです。
     反アサド政権の有志連合の方々は、民主主義を求めて平和的なデモを行っていたシリアの人々を、アサド政権の虐殺のような取り締まりから守るため、立ち上がって下さった方々と思います。
     それなのに、プーチン大統領のロシア政府のロシア軍は酷過ぎます。
     大勢の民間人の方々も巻き添えにしているので、更に酷過ぎます。
     酷過ぎる空爆を、即刻止めるべきです。
     アサド政権サイドも、自国の国民を攻撃して、犠牲になる方々を出したり、難民になる方々を出してしまったり、餓死する方々を出してしまうような酷いことは、もう止めるべきです。

     亡くなられた方々のご冥福を祈ります。
     怪我をなさった方々の早いご回復を祈ります。

     国際社会の方々には、色々複雑な状況もあるかもしれませんが、プーチン大統領のロシア政府による、反アサド政権の有志連合の方々や、民間人の人々に対する空爆を、中止させるために、そして、アサド政権サイドによる、自国民への攻撃や兵糧攻めを止めさせるために、どうか影響力を行使なさっていただきたいと、願い祈っております。
     どうぞよろしくお願い致します。

     私も、抗議のため、個人的に続けているロシア製品などの不買運動を継続します。
     ご賛同いただけます方々には、同様の不買運動をなさっていただければ、と願い祈っております。
     どうぞよろしくお願い致します。

     中断されている和平交渉が、早く再開され(今月25日に再開とのことですが、期日よりも早く再開されても良いのでは?と思います)、今度こそ、和平交渉が良い方向に進み、和平が成立しますよう、心から願い祈っております。

     そして、国際社会の方々のご努力が実り、現地の飢餓状態が更に改善され、今後、人々が、子供達が、飢え死になさることがなくなるよう、心から願い祈っております。

     なので、私も、ダマスカス郊外などの人々や子供達のために、そして、上記のような難民の方々の生活支援のために、微力ですが、募金などできれば、と思っております。
     ご賛同いただけます方々には、同様に、募金など、お考えいただければ、と願い祈っております。
     どうぞよろしくお願い致します。

     ヨーロッパなど、難民の方々を支えている方々は、本当に大変な状況と思います。
     支えている方々が倒れてしまったら、難民の方々も共倒れです。
     それでは痛ましすぎます。
     それに、良いことをなさっている方々が、助けを得られず倒れてしまうなどということは、あってはならないことです。
     どうぞよろしくお願い致します。

     すでに、ご協力くださっている方々に、心からお礼申し上げます。有難うございます。(例えば、私が知っているだけでも、サッカー界から、バイエルンミュンヘン始め、ブンデスリーグの方々や、レアルマドリード、セルティック、ドルトムント、ポルトの方々など、色々ご協力くださっていると聞きました。有難うございます。この頃私事のために、情報のチェックがマメにできなかったのですが、たぶん、他にも大勢協力なさってくださっている方々がいらっしゃるだろうと思います。)

     と書いていて思ったのですが、ど素人考えかもしれませんが、マネーゲームで儲けている人々から難民救済税を取るというような、世界的ルールを作ることはできないでしょうか?(世界各地の紛争の影響で、マネーゲームで儲ける人々もいるのだから、そういう税を取っても良いのでは?と考えてしまうのです。)
     例えば、マネーゲームで生じた利益について、一割の課税をして、難民の人々の救済に当てるという世界的ルールを作るとか…。
     ど素人考えかもしれませんが、関係者の方々にご一考願えれば、と願い祈っております。
     どうぞよろしくお願い致します。

     と書いていて思ったんですが、銃など武器の売買についても、難民救済税として1割課税する、といった感じの、世界的ルールが作れないでしょうか?
     ご一考願えれば、と願い祈っております。
     どうぞよろしくお願い致します。

     と書いていて、更に思ったんですが、シリアを分割して、片方は国連の信託統治、もう片方はアサド政権の支配地、といった感じにするのは、どうでしょうか?
     ど素人考えかもしれませんが、私の意見にも、見るべきところがありましたら、関係者の方々に、ご一考願えれば、と思います。 

     シリアの平和と人々の御無事を、心から願い祈っております。


     と書いていて、また話を変えてすいませんが、最近のニュースの中に、ジンバブエで、干ばつのために、244万人の人々が食糧不足状態という趣旨のニュースがありました。
     非常に心配です。

     また、これと関連した話なのですが、先月のニュースの中に、干ばつのため、アフリカ南部全体で、約1400万人が飢餓に陥る状況に直面しているという趣旨のニュースもありました。(とりわけマラウイでの被害が最も大きいとのことでした。)
     こちらも非常に心配です。

     今頃書いていて申し訳ない思いですが、国際社会の方々は、本当に色々大変過ぎると思いますが、アフリカについても、人々を、子供達を、飢餓から救うため、どうぞよろしくお願い致します。

     私も、こちらの方も、微力ですが、募金などできれば、と思っております。
     ご賛同いただけます方々には、同様に、募金など、お考えいただければ、と願い祈っております。
     どうぞよろしくお願い致します。
    (下の私のコメントに続きます。)
    2016年02月10日 16:07
  • ニューパソコンの通りすがりの空です

    (上の私のコメントの続きです。)
     ところで、話を変えてすいませんが、昨年11月のパリ同時テロについて、書かせてください。
     痛まし過ぎます。

     亡くなられた方々のご冥福を祈ります。
     怪我をなさった方々の早いご回復を祈ります。

     武器を持たない人々に銃を向け、130人の方々の命を奪い、350人もの方々を傷つけたISは卑怯です。人ではないと思います。

     私は仏教徒ですが、イスラム教の神様は、きっとお嘆きになり、お怒りになっていらっしゃるだろうと思います。

     ISは、宗教を利用しているだけの悪魔の手先と思います。酷過ぎます。罰当たりです。どんなに憎んでも、憎み足りないと思ってしまいます。


     ただ、憎しみに我を忘れることを、神仏はお望みにならない、とも思います。
     愛する方々を奪われたご家族が、憎しみの感情に囚われたまま、その後の人生を送ることになったり、残された子供達を育てることになったりしたら、あまりにも悲し過ぎます。
     そして、それは、悪魔の手先を喜ばせることにもなってしまうと思います。

     私達は、愛や優しさを大事にして、平和な世界で暮らしたいと願っているはずと思います。
     そして、憎しみや暴力だらけの世界を嫌い、そんな世界で子供達を育てたくないと思っているはず。

     だとしたら、私達は、世界から愛や優しさや平和を失わないために、そういう世界で子供達を育てるために、憎しみに囚われすぎてはいけないのでは?と思います。

     もちろん、必要に応じて、守るべきもののために戦わなければいけない時もあると思いますが、そんな時でも、憎しみに我を忘れてはいけないと思います。
     憎しみに我を忘れ、過剰に防衛をやり過ぎてしまったら、私達自身が、ISと大差ない殺戮者になってしまう恐れもあると思うので。
     そうなってしまったら、悪魔を喜ばせるだけだと思います。

     私達の世界から、愛や優しさが失われないようにするには、平和が失われないようにするには、私達一人一人が、心を侵食しようとする憎しみなどに対して、心の戦いを続けていかなければならないと、私は思っています。
     戦いは厳しいかもしれませんが、神仏のご加護があると思うので、私達は勝てると思います。


     ところで、ちょっと話を変えてすいませんが、私は、以前、ISに関する話は、なるべく避けていました。
     私のコメントにISが刺激されて、もし、日本人が犠牲になるようなことがあったら、と思っていたからです。
     でも、私が何も書かなくても、バングラディシュで、人々の役に立ち、おそらくイスラム教の神様も、褒めてくださったであろう日本人の方が、理不尽に、ISを名乗る人間達に命を奪われました。痛ましくてなりません。

     亡くなられた男性の方のご冥福を祈ります。

     なので、ISに関する話を避けるのは止めました。
     大体、私の言葉が、ISを恐れさせるなどというのは、ありそうにない話だろうと思います。
     もし、私の言葉などを恐れるというなら、ISは、それだけ底の浅い、脆弱な組織だということになると思うので。
     信仰心だって、本当にあるのだろうか?という話になると思います。
     なので、取り越し苦労は止めました。
    (下の私のコメントに続きます。)
    2016年02月10日 16:09
  • ニューパソコンの通りすがりの空です

    (上の私のコメントの続きです。)
     ところで、話を変えてすいませんが、平和憲法違反の安保関連法について、書かせてください。

     多くの日本国民の方々は、平和と平和憲法を愛しています。
     なので、平和憲法違反の安保関連法の成立、国民の過半数の方々が賛成できず、大勢の方々が、廃止を求めています。
     平和憲法違反の安保関連法は、日本の民主主義や日本及び世界の平和のために、廃止が正しいです。
     安保関連法の廃止を、強く求め、願い祈ります。

     平和憲法違反の安保関連法は、安倍政権によって、実質上の与党単独強行採決で成立しました。民主主義の否定です。独裁です。
     独裁的で、平和憲法無視の安倍政権は酷過ぎます。あまりにも非民主主義的、非平和主義的です。
     日本の民主主義を否定する安倍政権には、日本の内閣の資格がありません。
     辞職するべきと思います。

     平和憲法の日本で、かつての日本の独裁政権や、北朝鮮のような、酷過ぎる独裁政権が、誕生してしまう恐れが、高くなってしまいました。(日本のかつての独裁政権と、北朝鮮の政権は、似ているところが色々あります。)
     すでに、日本の自衛隊では、シビリアンコントロールを無視するような動きが、起こっていると聞きました。(まだ国会で審議中で、安保関連法の成立と内容が不明だったはずの昨年8月に、すでに、自衛隊は、今回成立した安保関連法の内容を踏まえた、行動計画を作っていたそうです。これではまるで、国会無視です。シビリアンコントロール無視です。)
     非常に心配です。

     このままでは、平和憲法違反の安保関連法の、廃止を求めて行動する方々が(言わば、日本の平和憲法と民主主義を守るため、行動する方々が)、弾圧されるような事態だって、起こる恐れがあると、私は思います。(弾圧は、暴力団の内部抗争などの、流れ弾などを利用して、行われる恐れもあると思います。)
     日本には、世界基準から見て悪法の「特定秘密保護法」もあり、「日本版NSC」もできてしまっているので、本当に、非常に心配です。

     なので、国際社会の方々は、本当に色々大変過ぎると思いますが、平和憲法違反の安保関連法の廃止を求めて行動する方々が、独裁者のような安倍政権により、弾圧されることなどないように、そして、日本が独裁国家にならないように、日本が戦争をして世界の平和を乱してしまわないように、日本の情勢に注目していただいて、必要に応じて、安倍政権に、プレッシャーなど、掛けていただければ、と願い祈っております。(場合によっては、経済制裁なども、致し方ないかも?とも思います。)
     どうぞよろしくお願い致します。

     自衛隊がシビリアンコントロールの効かない軍隊の様になり、日本が、かつての軍事独裁政権や北朝鮮のような、独裁国家になってしまったら、それは、世界の平和のためにもならないと思います。(かつての日本の軍事独裁政権は、侵略戦争という残虐行為を行っただけでなく、自国の未来ある若者の命を、飛行機や魚雷を使っての特攻という恐ろしい作戦で、組織的に奪いました。他所の国ではありえないことです。だから、当時の日本軍のような軍隊は、決して、再び、存在してはなりません。)
     それに、安倍総理の親分のような小泉元総理は、プーチン大統領と親しいというような話も、以前聞いたことがあるので、もしかして、自衛隊が、集団的自衛権で、プーチン大統領のロシア軍の、後方支援に出るようなことも、あるかも?とも思います。(国連総会の場で、プーチン大統領に向かって嬉しそうに駆け寄る安倍総理の姿は、まるで、恋人を見つけて走り寄った?という印象を与える姿でした。あれでは、北方領土の交渉など、できるはずもありません。本当に、自衛隊がロシア軍の後方支援をさせられそうで、恐ろしいです。)
     そんなことになったら、それこそ、世界の平和のためにはならない、と思います。
     なので、世界の平和のためにも、国際社会の方々に、お願い申し上げたいのです。
     どうぞよろしくお願い致します。

     そして、上にも書きましたが、平和憲法違反の安保関連法の廃止を求めて行動する方々が、独裁者のような安倍政権により、弾圧されることなどないように、そして、日本を北朝鮮のような独裁国家にしないためにも、国際社会の方々のご協力を、願い祈っております。
     どうぞよろしくお願い致します。(日本では、低投票率だった、アメリカ合衆国のこの前の中間選挙のようなことが、ずっと続いているのです。そのアメリカ合衆国では、選挙で共和党の勢力が強くなったせい?最近、人々の権利や安全などが、脅かされているように感じます。ただ、僭越な言い方かもしれませんが、日本では、昨年の春の地方選挙で、一部の地域では投票率が上がり、安倍政権へのノーを表明する結果が出ました。結果を出してくださった方々に感謝です。同様のことは、当然、アメリカ合衆国でも可能と思います。なので、有権者の方々は、諦めず、民主主義と平和のために、投票所に足を運んで、投票率を上げていただければ、と願い祈っております。)


     日本の民主主義と平和を守るために、憲法違反の安保関連法に対して、抗議してくださった方々、そして、抗議を続けて下さっている方々に、感謝致します。
     本当に有難うございます。
     私も頑張って、できるだけ、書くべきことを、書き続けようと思います。
     そして、TBSの「NEWS23」(23時ちょっと前頃開始です)を、月~木見ようと思います。
     アンカーをなさっている岸井さんが、降板させられないようにするためです。
     岸井さんは、安保関連法にずっと抗議の声を上げ続けてくださっているので、安倍政権に睨まれているらしいです。そして、そのために、降板させられそうになっているようなのです。
     だとしたら、酷いです。言論弾圧だと思います。許してはいけないことだと思います。
     なので、できましたら、多くの方々に、月~木、TBSの「NEWS23」(23時ちょっと前頃開始です)をご覧いただければ、と願っております。視聴率が上がれば、岸井さんの降板は防げるらしいので。
     どうぞよろしくお願い致します。
     頑張りましょう。

     ところで、この話と関連があるのかどうか?分からないのですが、ちょっと気になっている話があります。
     テレ朝の「報道ステーション」のメーンキャスター古舘さんが、今年3月末で降板するという話です。
     日本では、自民党贔屓のスポンサーに札束で横っ面を張られていそうなマスコミが多かったり、NHKですら、「安部政権の意向に沿うような報道を…」みたいなことを言う状況になっているのですが、そんな中、「報道ステーション」は、比較的頑張って、公正に報道しようとしてくれていたニュース番組のように思います。
     けれど、メーンの古舘さんが、今年3月末で辞められた場合、そこから先がどうなってしまうのか?非常に心配です。
     もしかすると、古舘さんにも、言論弾圧的なプレッシャーが掛かっていたのでしょうか?古舘さんは、ご自身で降板を決意なさったと聞きますが、もしかして、安倍政権に睨まれて、そのような状況に追い詰められてしまった…?
     だとしたら、酷いです。言論弾圧だと思います。許してはいけないことだと思います。
     なので、上記の私の想像が当たっていた場合、私は、古舘さん降板以降の、「報道ステーション」の視聴を拒否します。
     私の想像が当たっていた場合、ご賛同いただけます方々には、同様の視聴拒否をなさっていただければ、と願い祈っております。
     どうぞよろしくお願い致します。

     願わくば、古舘さんのメーンキャスターの継続を希望します。

     更に、これもこういった関連の話?と気になった話が、あります。
     これもTBSの方なのですが、杉尾秀哉さんという方が、昨年いっぱいで辞職という話を聞きました。
     もし、こちらの方にも、言論弾圧的なプレッシャーが掛かっていたのだとしたら、酷過ぎます。許してはいけないことだと思います。

     なので、国際社会の方々は、本当に色々大変過ぎると思いますが、独裁者のような安倍政権により、日本で言論弾圧が横行することなどないようにするためにも、日本の情勢に注目していただいて、必要に応じて、安倍政権に、プレッシャーなど、掛けていただければ、と願い祈っております。(場合によっては、経済制裁なども、致し方ないかも?とも思います。)
     どうぞよろしくお願い致します。
    (下の私のコメントに続きます。)
    2016年02月10日 16:10
  • ニューパソコンの通りすがりの空です

    (上の私のコメントの続きです。)
     それにしても、どうしてこれほど安倍政権は、自衛隊の軍隊化を急ぐのでしょう?
     極東の状況が、安全とは言えないのは、日本国民なら、誰でも知っていると思います。
     ただ、それでも、日本には自衛隊があり、それなりの防衛力もあるのですから、野党の人達が言うように、日本周辺の事態だったら、対応できるのでは?と私は思います。(ど素人考えかもしれませんが。)
     核の脅威に関しては、日本は、アメリカ合衆国の核の傘に入れてもらっています。そのことに関して、将来的な不安を言う人もいるかもしれませんが、アメリカ合衆国だって、核の拡散を望まないはずですから、日本に傘の下から出て行けとは、言えないはずです。

     それなのに、なぜ自衛隊の軍隊化を急ぐのか?
     安倍総理は軍隊好き?それとも戦争好きなのでしょうか?
     そういうこともあるかもしれませんが、実は、私は、一つ妄想していることがあります。

     もしかして、やはり、日本の自民党は、北朝鮮に弱みを握られて脅されている?(2004年の参院選前のタイミングで、こちらに戻っている拉致被害者の人達の家族を、選挙のためにどうしても取り戻したかったはずの小泉元総理が、「あとの拉致問題は、なあなあで良い」などという裏取引を、北朝鮮とやっていたら、その取引は、北朝鮮にとって、強請りのネタになると思うのです。北朝鮮にとっては、表沙汰になっても、大して痛くない話ですから。)
     脅されているとしたら、内閣官房機密費とか外務省の機密費から、スイスなどの銀行経由で、北朝鮮にお金を渡しているかも?(もしかしたら、数百兆円規模でチェックの緩い、各省庁管轄の特別会計からも、北朝鮮対策費なる名目で、お金を集め、それを送金していたりするかも?)
     もし、そんなことが行われていれば、北朝鮮は、非常に潤沢に、軍資金を得ていた、得ているということになると思います。
     そして、それだけお金を渡してしまっているから、安倍政権は、北朝鮮を強くしてしまった分だけ、自分達も強くならなければいけない、ということで、自衛隊の軍隊化を急いでいる?
     ど素人の妄想かもしれませんが、私は、そんなことを考えてしまうのです。

     もし、私の妄想が当たっているなら、日本がまずするべきことは、北朝鮮に強請られている人間達を、政権の座から降ろすことだと思います。(小泉元総理の子分のような安倍総理、そして、小泉元総理や安倍総理の息が掛かっている人間達を、政権の座から遠ざけなければいけないと思います。野田聖子議員も怪しいと思います。野田議員の総裁選出馬表明は、安倍政権がやらせたパフォーマンスの疑いもある、と私は思うので。)
     日本のトップに、強請られている人間達がいて、それが排除できないなら、いくら日本が防衛力をアップさせたところで、無意味です。防衛費も国家予算も、意味なく膨れ上がるだけです。そうでなくても、日本は借金大国なのに…。(しかも、防衛費の増大のしわ寄せで、福祉や教育費などは、更に削られる恐れがあります。軽減税率の財源が、未だ明確になっていない、などということもあるので…。その一方、来年度の防衛予算は、今年度よりも更に増え、史上最高額になると言われています。)
     なので、降ろすべき人間達を、政権の座から降ろして、その後、小泉元総理から現在に至るまで、どれだけ日本が北朝鮮に貢いだのか?その金額をはっきりさせた上で、北朝鮮の軍事力の増強を、第三者的な専門家の人達にお願いして、公正に、冷静に、推し量っていただき、その結果や、プーチン大統領のロシア政府や中国共産党政府の脅威などを元にして、平和憲法の修正を行うか否かを、国民投票に掛けるべきと思います。

     自分でも、こんな妄想、当たっていて欲しくないとは思いますが、こちらに戻っている拉致被害者の人達のご家族が戻ってから、拉致問題は、一歩も進んでいない様に思える上、安倍政権も、北朝鮮との交渉では、相手に譲ることばかり多い様に思うので。
     なので、どうしても疑いが消えません。

     北朝鮮は、今月7日、実質上のミサイル発射実験と目されている実験を行いました。
     既に、今年、北朝鮮は、また核実験をやりました。(水爆実験だったかどうかは、物議になっております。)
     酷過ぎます。

     もし、私の妄想が当たっているなら、安倍政権は、日本のために、即刻辞職すべきと思います。
     

     と書いていて、更に、北朝鮮に関する、嫌な妄想を思い出してしまいました。
     北朝鮮が、昨年、モスクワや北京の北朝鮮大使館に、歴代の書記長の像を、厳重警備で送り込んだという話に関する妄想です。
     あのニュースを聞いた時、私は、
    「もしかして、あの2つずつ送り込まれた像の中に、小型の核爆弾など隠されていたら…?」
    などと妄想してしまったのです。
     北朝鮮の政権は、相手を恐喝して自分達の言い分を通そうとする政権だと、私は思っているので…。

     もし、そんなことになっていたら、プーチン大統領のロシア政府だろうが、習近平主席の中国共産党政府だろうが、北朝鮮の言いなりになってしまうのでは?と非常に心配です。

     本当に、私の妄想だったら良いのですが…?妄想であるように祈ります。(もし、この妄想話を私がまたコメントとして書いたために、中国で株価が暴落するようなことがあったら、私の妄想が当たっているので、この話から人々の目を他所に向けさせるために、中国共産党の首脳部が、株価暴落を演出しているのかも?妄想しがちな私の誇大妄想かもしれませんが…。)


     ところで、プーチン大統領のロシア政府と言えば、上にも書きましたが、シリアへの空爆、酷過ぎます。
     反アサド政権の有志連合の方々が、アレッポなどで、ロシア軍に激しい空爆をされていると聞きました。そして、大勢の民間人の方々が、巻き添えになって亡くなられた、とも聞きました。酷過ぎます。

     昨年12月23日、国際人権団体のアムネスティの方々は、3か月近くに及ぶプーチン大統領のロシア政府のシリア空爆で、少なくとも200人の民間人の方々が殺害されたとする報告書を発表、戦争犯罪に当たる可能性があると、指摘なさったそうです。
     アムネスティの方の話によれば、ロシア政府空爆の中には、酷過ぎるものがあり、
    「軍事目標があるとの証拠もないのに住宅地や医療施設を攻撃するなど、民間人や民間の施設を直接狙ったとみられるものがあり、その結果として民間人の死傷者が出た」
    という痛まし過ぎる犠牲が出ている状況が起こっているそうなのです。

     なので、アムネスティの方は、
    「このような攻撃は、戦争犯罪に当たる可能性がある」
    と指摘して、国際法に違反した疑いのある事例については
    「独立した公平な調査を行うことが必要だ」
    と訴えていらっしゃるそうです。
     おっしゃる通りだと思います。

     報告書はまた
    「ロシア当局が、モスクと野戦病院への空爆で民間人に被害が出たことを隠ぺいするため、虚偽の発表をした可能性がある」
    とも指摘していて、更に、
    「国際的に禁止されているクラスター爆弾や無誘導爆弾を人口密集地で使用した痕跡もある」
    とも言及しているそうです。
     本当に酷過ぎます。

     反アサド政権の有志連合の方々は、民主主義を求めて平和的なデモを行っていたシリアの人々を、アサド政権の虐殺のような取り締まりから守るため、立ち上がって下さった方々と思います。
     そして、民間人の人達は、攻撃対象ではなく、守るべき人達です。

     それなのに、プーチン大統領のロシア政府は酷過ぎます。
     そんなに民主主義が、民衆が、憎いのでしょうか?
     まるで、民主主義に空爆しているようだと思います。
     正義の人達への空爆も、守るべき人達への空爆も、即刻止めるべきです。
     反アサド政権の有志連合の方々や、民間人の人々に対する空爆の中止を、強く求め願い祈ります。

     亡くなられた方々のご冥福を祈ります。
     怪我をなさった方々の早いご回復を祈ります。

     上記のことを繰り返してすいませんが、国際社会の方々には、色々複雑な状況もあるかもしれませんが、プーチン大統領のロシア政府による、反アサド政権の有志連合の方々や、民間人の人々に対する空爆を、中止させるために、どうか影響力を行使なさっていただきたいと、願い祈っております。
     どうぞよろしくお願い致します。

     私も、抗議のため、個人的に続けているロシア製品の不買運動を継続します。
     ご賛同いただけます方々には、同様の不買運動をなさっていただければ、と願い祈っております。
     どうぞよろしくお願い致します。
     

     それにしても、どうしてプーチン大統領のロシア政府は、シリアでも酷いことをしたいのか?
     ロシア国民の人々の目を、無理矢理にでも海外に向けたい理由があるのだろうか?と妄想したくなってしまいます。
     そして私は、どうしても、上記の妄想を思い出してしまいます。そうではないことを願いながら。
    (下の私のコメントに続きます。)
    2016年02月10日 16:11
  • ニューパソコンの通りすがりの空です

    (上の私のコメントの続きです。)
     他にも気になることはあり過ぎます。


     STAP細胞の小保方さんのことも気になります。
     小保方さんは、最近、「あの日」というタイトルの手記を出されたそうです。
     私はSTAP細胞を信じます。
     「あの日」という本を、読もうと思っています。
     そして、小保方さんや、小保方さんの大事な方々のご無事を、心から祈ります。

     iPS細胞に巨額の投資をした人間達が、小保方さんを煙たがって、小保方さんいじめをしていると、私には、思えてなりません。
     iPS細胞には、日本政府を始め、多額の資金が注入されているということなので、利権絡みの圧力が、多方面に掛けられている恐れがあると、私は疑っています。
     多方面に圧力が掛けられているのならば、良からぬ人間達が、良からぬことをする恐れもあると思います。
     そんなことにならないよう、日本の警察は、変な圧力に屈せず、しっかり警護をして欲しいと思います。
     小保方さんや、小保方さんの大事な方々のご無事を、心から祈ります。


     他にも、パレスチナ情勢、中東情勢、日本のフリージャーナリストの安田純平さんの安否の件、民主主義が弾圧されているエジプト情勢、同じく、民主主義が危機にさらされていて、中国共産党政府当局の仕業?行方不明になっている方々も出てしまった香港情勢など。
     それに、欧米など世界各地の異常気象による災害、山火事など、また、痛ましいドイツの列車事故など世界各地の事故など…。(ドイツの列車事故で亡くなられた方々のご冥福を祈ります。怪我をなさった方々の早いご回復を祈ります。)
     それにジカ熱やラッサ熱など…。

     平和を、天候の回復を、人々の御無事を心から祈り願います。

     と書いていて、日本のお天気についても気になりました。
     といっても、今日の私も、本当に、全然お天気のチェックができていませんが、警戒や注意が必要な地域がありましたら、該当する地域の方々は、どうぞお気をつけて。御無事を祈ります。

     まだまだ気になることはあり過ぎます。
     世界の平和を祈ります。
    2016年02月10日 16:11